ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化で業者を選ぶ際の注意点などについて

クレジットカード現金化で業者を選ぶ際の注意点などについて

クレジットカード現金化はショッピング枠で購入した商品を換金する行為のことで、自分で商品を売買するか現金化業者に依頼する方法があります。

自分で行う場合には換金性の高い商品を安く購入して、買取ショップなどで高く買い取ってもらうことがポイントです。

ただし、買取価格が安定しないことが多く、カード会社から認められていない行為なのでカード利用停止になるリスクが高いです。

したがって、リスクを減らして確実に現金を得るためには、現金化業者に依頼した方が良いです。

注意点としては、換金率が95~98%の高い換金率を公表している現金化業者は選ばないということです。

現金化業者は決済代行会社に購入金額の5~10%程度の決済手数料を支払う必要があります。

したがって、利用者からある程度の手数料を取らなければビジネスとして成立しません。業者のホームページでは、客を集めるために数値が高めに表示されていることが少なくありません。

したがって、気になる業者に実際に電話をして、自分の口座に振り込まれる金額を申し込みの段階で正確に提示してくれる業者の中から選んで依頼するのが良いです。

優良な業者であれば複数の突っ込んだ質問をしても、丁寧に対応します。

換金率の相場は70~80%程度であり、それよりも低い業者を選ぶとカード会社に後から支払う金額の方が膨大になって多重債務に陥る可能性があります。

業者の実績は、業者を選ぶうえで参考になります。

悪徳業者の場合はいつでも撤退できる体制になっていて、実績がない場合が多いです。

業者のホームページに設立年月日の記載があって、長年の実績があるようであれば信頼できる可能性が高いです。

参考サイト:http://www.creditcard-genkinka.info/shop/bicgift/


タグ :

関連記事

  1. 甥っ子のことで相当腹がたったこと、許せない。

    私の甥っ子には少し障害があります。 パッと見は普通の子なのですが、いわゆる空気が...

  2. クレジットカード現金化で業者を選ぶ際の注意点などについて

    クレジットカード現金化はショッピング枠で購入した商品を換金する行為のことで、自分...